ピアノ短期留学&個人レッスンに関する

よくあるご質問

こちらにないご質問がございましたら、

下記のお問い合わせフォームよりお問合せ下さい。

 質問)留学時期は自分で決められますか?

 回答)はい、全く問題ございません。担当講師のスケジュールにもよりますが、できる限りご予定に合う形でアレンジをさせていただきます。ご予定がお決まりでしたら、なるべく早めにご連絡下さい。

 

 質問)こちらで手配しなければならないものは何ですか?

 回答)お客様の方でご手配戴くものは、航空チケット、海外旅行傷害保険等の旅行保険、パスポート、ピアノのレッスン以外の自由時間のご計画となっております。宿泊や自由時間のプランのサポートに関しましてはこちらで手配をすることも出来ます。お気軽にお問い合わせください。

 質問)レッスンのアレンジ手数料には何が含まれていますか?

​ 回答)詳しくはこちらの方でご説明させていただいております。どうかご参照ください。

 

 

 

 

 質問)講師の方はどんな方ですか?こちらで選べますか?

 回答)大変申し訳ございませんが、最初にお客様のご要望をお伺いし、こちらで最適と思われる講師の方を選んでご紹介させていただきます。数名の候補者から選んでいただくことはできません。どうかご了承ください。講師の方の中のお一人は、こちらにプロフィールを掲載させていただいております。

 

 質問)何曲くらい準備していけばいいでしょうか?

 回答)お客様のご希望により、1曲のみお持ちになられる方や、数曲準備される方様々です。コンクールやオーディション等を控えていらっしゃる生徒さんの中には30分くらい本番と同じように通して弾かれる方もいらっしゃいますし、問題点がある場合には、その部分だけ弾かれる方もいらっしゃいます。また、曲がすべて完成している必要は全くなく、「この曲のここだけ、あの曲のここだけ」「まだまだ仕上がっていないのですが・・・」という状態でレッスンにいらしても大丈夫です。また、複数回のレッスンをご希望の場合、毎回曲を変える必要はございません。 

 

 

 質問)楽譜は何部必要ですか?

 回答)よくあるケースでは、初めに曲を通して弾いていただいている時に、講師が楽譜にコメント(気になった点)を書き込んでいきます。ですので、余り既に色々コメントが書いてある楽譜ですと読みづらいということがあるかもしれません。(消しゴム等で以前のコメントを消される必要は全くございません)出来れば、成るべく書き込みが少なく、加えて、講師が英語でコメントを書いても差し支えない暗譜をお持ちください。多くの場合は生徒さん用の楽譜と講師用の楽譜をご用意いただいております。ただ、講師用の楽譜はコピーで問題ございません。小節の番号が一致していれば、インターネットを通じてのダウンロード等で出版社が違う物でも差し支えありません。

 

 質問)2時間以上のレッスンとはどういった形態になりますか?

 回答)大きな楽曲を演奏される方は1レッスン2時間。小曲を演奏される、又はお子様の場合は1時間のレッスンを2回(2日間)というのが目安になります。勿論、1回2時間のレッスンを5日間(計10時間)というようなアレンジも可能です。ただ、1回のレッスンは1時間以上とさせていただきます。

 質問)レッスン前に指を暖めたいのですが・・・

 回答)講師宅にレッスン開始15分前までにいらしていただけましたら、レッスン前に指のウォームアップをしていただくことが出来ます。そのウォームアップの時間はレッスンの時間にはカウントされません。

 質問)どの曲を弾きたいかを事前に伝える必要はありますか?

 回答)大変お手数ではございますが、最低2週間前までにレッスンを希望される曲のご連絡をお願い致しております。楽譜が一般のレパートリーであり、入手可能なものであれば曲名だけでも結構です。講師の方でも楽曲を理解してレッスンに臨みますので、どうかご了承下さい。

 

 質問)ピアノの練習室はどうやって予約すればいいでしょうか?

 回答)ロンドンでのレッスン室の予約ということで言いますと、殆どが電話での予約で、加えて予約の時点でクレジットカード情報を提示する必要がございます。また、予約日時48時間前にレッスン室料金をカードで支払う必要がございます。ですので、こちらでお客様に代わりましてレッスン室を確保するということであれば、お客様の宿泊先から最も利便性の高いレッスン室を電話で予約し、費用はこちらでまとめて支払い、後程、他の費用と併せてご請求させていただくことになります。お客様の都合によりレッスン室をキャンセルをされる場合も、ご利用予定日時から48時間以内のキャンセルは全額お支払いいただくこととなります**。どうかご了承ください。

**レッスン室によっては週末の予約は、予約した段階からキャンセル料が発生する場合もございます。

 質問)ピアノの練習室はどのような感じなのでしょうか?

 回答)一例ですが、こちらのジャック・サミュエルというピアノショップは、国立音楽院、国立音楽大学等の音大、その他のオーディションやコンサートのリハーサルで使用される有名な練習室がございます。ロンドンの中心にある為人気も高く、グランドピアノが利用できる練習室は、同じ部屋を続けて数時間予約する為には、かなり早めの予約が必要となります。最寄り地下鉄駅:Edgeware Road駅、Marble Arch

 質問)レッスン時に授業風景を撮影してもいいでしょうか?

 回答)全く問題ございません。録画される機材、バッテリー、三脚等をお持ちいただければ可能です。但し、レッスン風景の録画に関しましては、個人利用目的のみとし、SNSや動画サイトへの投稿は厳禁とさせていただいております。どうかご了承ください。

 

 質問)レッスンは週末や夕方でもお願いできるでしょうか? 

 回答)講師の時間が合えば、基本的に午前10時から午後5時くらいまでに終了できれば、週末でも問題はございません。ちなみに、ロンドンも地下鉄の通勤ラッシュございますので、朝の10時であればすでに落ち着いていますが、ラッシュを避ける場合には午後4時半迄にはロンドン市内に戻られた方がいいかもしれません。また、イギリスのサマータイムが始まる3月下旬までは午後5時は若干薄暗くなっておりますので、暗闇の中をホテルまで戻られるという点から、冬場のレッスンは午前中か、または午後の早いをお勧めいたします。

 質問)子供は何歳から一人で留学をさせられるでしょうか? 

 回答)お一人でイギリス迄いらっしゃり、その後のレッスンを含めた旅行日程を保護者の方なしで行動されるということであれば、高校生からということになるかと思います。ただ、当社でお子様の行動を終始サポートをさせていただくのであれば、中学生のお子様からでも可能です。当社でサポートをさせていただいていない際に何らかの問題が生じました場合には全て自己責任となりますのでどうかご注意ください。

 質問)保護者も一緒にレッスンを見学してもいいでしょうか?

 回答)勿論全く問題ございません。講師は保護者の方のサポートを歓迎する傾向にございますので、寧ろ出来るのであれば一緒にレッスンをお受けいただければと思います。

ファースト・トライはここが違う!

    弊社では最初にお客様からご相談を頂いたスタッフが現地でもサポートさせていただきますので、「もう一人のスタッフにはお話していたのですが・・・」というコミュニケーションに関する問題はありません。

 

 また、細やかな個人情報も何人ものスタッフで共有することはありませんので安心です。

Piano Keys