UoL Logo2.png

~英国大学での医療英語コース初めて物語~

一人の医師が繋いだ

レスター大学と日本人の為の​医療英語プログラム

医療英語サマーコース写真1.jpg

「日本人医学生の為の医療英語プログラムを作って欲しい」

 2015年に秋篠宮眞子様(小室眞子さん)がご留学されたことで名前が知られるようになったレスター大学。でも実は、そのずっと前から、レスター大学の医療英語プログラムと日本とはとても深い繋がりがありました。
 
 事の始まりは2005年にまで遡ります。当時レスター大学に留学をされていた岩下義明医師(現:島根大学医学部救急医学講座教授)は、イギリスで英語のクラスを受けた際に感じられた「日本にはない英語教育の手法」を、後輩にも伝えることはできないかと考え、留学生の為の英語のレッスンを担当していたレスター大学の英語教育学部(ELTU)を訪れました。
 
 当時の学部長に、『従来の海外病院実習プログラムは、参加者は英語は出来る前提で募集されるため、英語に苦手意識がある学生は参加できないこと』また、『(当時の)よくある夏季の短期語学留学では病院を見学することは出来ないこと』などの日本人学生が直面していた状況を説明し、「日本人医学生の為の医療英語プログラムを作って欲しい」とコース運営の可能性を尋ねられました。
 
 「プログラムは英語力の向上を目標とし、かつ病院・医療システムを見学してもらい、将来の海外での実習・就職に役立てて貰いたい。」

​ 当時この様なプログラムはイギリスにはなく、非常に画期的なアイディアでした。学部長も直ぐに「素晴らしいアイディアだ!」と同意しましたが、その頃は「カスタマイズ・コース」という物自体がまだまだ珍しく、しかも医療プログラムということでは前例がなかった為、「本当に学生が集まるのか…」という不安が大学側としてもありました。
 
 医療英語プログラムを実現させるため、岩下医師は日本に戻り、激務の合間の僅かな時間さえも惜しんで、全く知られていない未知数のプログラムの周知と参加者集め、また留学を希望する医学生の渡英までのサポートという気の遠くなるような作業を精力的に行われ、2006年8月、イギリス初の『英語力不問の日本人医学生の為の医療英語プログラム』が実現しました。

英語力不問。とにかく安くてよいプログラムを!

  当時はまだVISA取得が現在ほど厳しくなかったとはいえ、正式な短期留学プログラムに於いて英語力の最低入学ラインを設定しないというのは、国立大学では全く前例のないことでした。しかも、岩下医師からのもう一つの条件は
 
 「とにかく安い授業料を設定して欲しい。巷にある多くのプログラムは高額すぎて医学生が気軽に参加できるものではない」
 
 その値段設定を実現するコスト削減の為、全ての煩雑な事務手続きを岩下医師が一手に引き受けられ、レスター大学から設定された最低催行人数を見事にクリアし、全国から15名の医学生をレスター大学に迎えることになります。

 
 その岩下教授の熱い思いに敬意を表し、レスター大学の医療英語プログラムは17年目を迎える
2022年も「(日本人医学生であれば)英語力不問。加えて出来るだけ抑えた値段設定で」を貫いています。それが、レスター大学が他大学に比べ低価格でプログラムを運営している理由です。
 
 2016年からサマーコースには他国籍の留学生も迎えることとなり、また2017年からはスプリングコースと銘打って3月にも同じプログラム(注)を開催するようになり、現在では開催当時はなかった『問診実習』や『ホスピスでのワークショップ』『ポスタープレゼンテーション』も加えられ、尚も進化を続けていくプログラムに成長しました。

 
 
***3月は日本以外の国では長期休暇の時期ではない為、ほぼ日本人医学生の参加となっています
 
医療英語サマーコース写真2.jpg
  • Facebook