seven-sisters-997357.jpg

レスター大学監修
医療英語サマープログラム
​2022年8月8日(月)~8月26日(金)

いつも弊社サイトをご利用頂きまして誠に有難うございます。

『レスター大学 医療英語サマープログラム』は昨今の世界情勢を鑑み、2022年夏のプログラム開催を見合わせることとなりました。参加をご検討いただいておりました皆様には誠に申し訳ございませんでした。

​次回の開催は2023年2月となります。3年ぶりの開催ということと、春にイギリスで開催される医療英語プログラムは少ないということもあり、いつも以上のお申し込みがあることが予想されます。また、スプリングプログラムは参加者数を制限しておりますので、確実に参加を希望されます方は、プログラムの正式告知がある前でも結構ですのでなるべく早めにご連絡頂けますようお願い申し上げます。

この度は誠にご迷惑をお掛け致しました。

​ファーストトライ株式会社

UoL Logo2.png
UoL.jpg

英国レスター大学
医療英語サマープログラム
​2022年8月8日(月)~8月26日(金)

応募受付開始

Join Now
サマープログラム奨学金
 

プログラム内容

 レスター大学監修、医療英語インターナショナル・サマープログラムは、2022年で開講17年目を迎え、現在まで世界各国から総勢500名以上の医学生が参加しているイギリスで最も長く開催されている医療英語プログラムです。
 このプログラムは通常ですと3週間の中に2回の日帰り旅行や、病院、GP(家庭医)、ホスピス見学、ウェルカム・ディナーやフェアウェル・ディナー等々が含まれている、アカデミックな面と共にアクティビティも大変充実したプログラムです。残念ながら今回は夏季における世界各国の新型コロナ感染状況をこの時点で判断することが大変困難ということもあり、病院関係の見学に関しては未定な部分もありますが、その他の授業やソシアルアクティビティ、日帰り旅行はオリジナルのまま、イギリス、レスター市で開催されます。
 
 レッスンは1クラス最大16名の少人数制。午前中に90分レッスンが2つ(途中30分の休憩が入ります)、午後に60分レッスンが2つというスタイルが基本です。レッスンは月曜から金曜日までの平日5日間。土曜日は日帰り旅行があります。日曜日はフリーですので、ケンブリッジ、エジンバラ、コッツウォルズ、湖水地方、ストーンヘンジ等の世界的な観光地を巡ってみて下さい。 
 
 授業内容としては大きく分けて3つあります。
1.プレゼンテーション・スキルの為のレッスン
 2・3名からなるグループ内で選んだ興味のある医療関係のトピック(例:B型肝炎、糖尿病)をベースにプレゼンテーションを組み立てます。(詳しくは『プレゼンの様子』をご覧下さい)各自のプレゼン後にはクラスメイトや先生、プレゼンを見に来たお客さんから質問がドンドン飛び出しますが、それにどう対応して答えるかというのもプレゼン授業の内容に含まれています。自分が質問したり、又されたりを繰り返すことは、将来参加するかもしれない海外でのカンファレンスや英語での会議のトレーニングには最適です。最終のプレゼンテーションを終えると、担当講師からフィードバックをもらえます。
 
2.メディカル・ロールプレイ
 毎回参加者の方に特に人気の高い『医療面接(メディカル・ロールプレイ)』のレッスンを行います。この医療面接は、OSCE**で使用されているスタイルをベースとしていますので、OSCEの授業を既に受けている方はその知識をベースに復習として。まだ受けていらっしゃらない方は今後受講される際の準備として、それぞれのレベルに合わせて医療面接のレッスンを受けて戴くことが出来ます。
 
 医療英語プログラム専門講師がレッスンを行った後、模擬患者さん(レスター大学医学部で実際に模擬患者を担当しているプロの俳優さんです)と医療面接を実際に行っていただきます。その医療面接の様子は担当講師によって採点され、フィードバックとしてプログラム終了後お渡し致します。
 
OSCE1975年に英国で提唱されて以来、臨床能力を客観的に評価する優れた方法としてヨーロッパと北米を中心に普及。現在は日本を始め世界数十か国で導入されています。
 
3.講義
​ レスター大学医学部の教授、レスター大学付属病院の医師・看護師、そして現役レスター大学医学生の講義に参加して戴くことが出来ます。内容は次の中から参加者の専門分野に応じて選ばれるそうです。
  • Genetics

  • Perspectives from a general practitioner (GP)

  • Perspectives from an emergency doctor

  • Perspectives from a hospice

  • Palliative care

  • Introduction to the National Health Service (history, structure, challenges, future)

  • Midwifery

  • Physiotherapy

  • Molecular and cell biology (developments in diabetes research)

  • International medical education approaches

 
 
 
 3週間のプログラムを無事終了されますとレスター大学より公式の修了証が授与されます。但し、修了証の発行に関しては、全ての授業の85%以上に参加する必要がありますのでご注意ください。
 

プログラム参加条件

  • プログラム開始時に18歳以上の方

  • 医学部、医療従事関係の学部・学科に所属の方。または医療従事者の方。

  • 医療面接のレッスンに関しては、まだOSCEを受けいらっしゃらない方でも充分レッスンについていけるように構成されています。また、グループに分かれてお互いに医療面接の練習をする際に、可能な限りOSCE経験者の方と組むようにグループ分けが行われますので、グループ内でも色々アドバイスを聞くことも可能です。

  • レスター大学から参加時に必要とされている英語力は英検2級以上ですが、英検やそれに準ずる英語力の証明書をお申し込み時に提出していただく必要はありません。

 

レッスンのレベルはどれくらい?

​ オンラインで行われた際の授業の様子です。先生の話すスピード、授業の内容の難易度などをチェックしたい場合にご覧になると参考になるかと思います。大変ゆっくり話してくださるので(プログラム後半はスピードが上がっていきますが)とても分かりやすく、授業に付いて行くことが難しくないとお分かりいただけるかと思います。こちらからご覧いただけます。

 

医療面接の授業は難しい?

 「私は未だOSCEの授業を受けていないのですが、医療面接の授業についていけるでしょうか?」と心配される声をよく聞きます。答えは「全く問題ない!」です。過去には1年生の方、看護学科の皆さんも多数参加されていらっしゃいますが、「授業がハードで分からなかった」というフィードバックは皆無です。それは先生が医療面接の内容を丁寧に一から説明をしてくれるというのもありますが、実は医療面接は皆さんが医療の現場で実際に目にするシチュエーションばかり。ですので、「あ、この時はこういう英語を使うんだ」と、ナチュラルな英語での言い回しを発見する感じで興味深いと感じられると思います。

 実際の模擬患者さんとのテストの際は講師はカメラ側でフィードバック用に採点をしています。参加者の方が言い淀んだり、意味がはっきり理解できていないと模擬患者さんが感じた場合には、患者さんが身振りを入れて会話を助けているのがお分かりいただけるかと思います。
 
 そのテスト風景は
こちらからご覧いただけます。ここでは約2分間となっていますが、実際には医療面接のテストは約5分間行われます。
 

プレゼン会場での実際の様子

​ プログラムの最後に行われるプレゼン(Exhibition)の実際の様子はこちらからご覧になれます。

 会場には多くの来賓やクラスメイト、講師が詰めかけ、プレゼンテーターに質問を浴びせかけます。プログラムの初めにはなかなか出てこなかった英語が、3週間後には自然に口をついて出てくることでしょう。3週間のプログラムで驚くほど向上した英語力を実感してみて下さい。

 

プログラム プロモーション動画

レスター大学が制作したプロモーションビデオです。実際に使用する医学部の教室やソシアルイベント、講師陣を見ることが出来ます。