East-MIdlands-Trains-e1554902831296-916x

イギリスで列車を乗りこなそう!

列車チケット購入法

 列車のチケットの購入方法は複雑だと旅行者から言われます。何が複雑かというと、日本のシステムに照らし合わせてしまうと『信じられない』ことがいくつかあるからです。ですが、それが分かってしまえば乗りこなすのはとても簡単で、『2・3分遅れるのは当たり前』『乗車口がはっきりしない』『シートが倒れない・・・』という数ある突っ込み所も、『人間味のある列車』として、旅の最後には愛着が沸くこと間違いなしです!

​ ここでは学割を使用して、レスターからロンドンまでの往復(普通席)を週末に予約する例をご紹介します。レスターからはロンドンのSt Pancras International駅(ユーロスターの始発駅)に到着します。

1.チケット予約のサイトに行く前に、年間会員になって割引価格で切符を買った方が得かどうか考えましょう。

 

 年間会員になっても数週間しか使えないので勿体ないようにも思いますが、学生割引カードの年会費は30ポンドです。(2019年12月現在)出発時間や曜日によって値段が変わるイギリスの列車ですが、例えば、週末にレスターからロンドンに往復するとなると、時間指定がなく好きな列車に乗れるという、人気の『スーパーオフピーク』という切符を購入した場合、割引なしで往復66ポンドです。割引カードを使用すると43.55ポンドとなり30%以上の割引になりますので、ロンドンに行くことだけを考えた場合でも、2往復すれば元が取れることになります。

 学割カードの取得方法ですが、学生であることを証明する学生証が必要である為、現地の学校・大学で学生登録をし学生証を受け取った後に手続きを取る必要があります。必要なものは申込書(駅で入手できます)、現地の学校・大学の学生証、歳が確認できるもの(パスポート等)、30ポンドとカードに使用する写真です。写真は約1.5x2㎝くらいの小さなサイズの写真ですが、お手元にあればお持ちください。レスター駅構内には5ポンドくらいで利用できる簡易のフォトブースもあります。ですがよく壊れているので、お持ちになることをお勧めします。

 

 学割カードは混んでいなければ直ぐに作ってもらえます。

 

 詳しくはこちらからご覧になれます → 16-25 Railcard

2.次にサイトに行きましょう

 

 サイトは数々ありますが、お薦めなのはこちらのサイトです。

 

 The Trainline こちらは切符を発券する必要がなく、購入した切符を携帯画面に出してゲートを通るか、切符を印刷して当日利用するかを選ぶことが出来るので、渡英前に日本で購入することが出来ます。クレジットカードで購入します。(**手数料は1件当たり1.50ポンド(2019年12月現在)かかります)

 

 上記の1で学割に申し込む予定の方は、切符を買う際に(実際はカードは未だ手元になくても)学割のチケットを購入することが出来ます。ただ、この場合は、必ずそのチケットを使用する前日までに学割カードの発行手続きをしておいてください。早朝の出発の場合、駅の窓口が営業していないこともあります。

Trainline homescreen.JPG

3.出発駅と到着駅を記入します。

 

 The Trainline ←こちらからサイトに行けます。

 

 利用駅とOne Way(片道)か、Return(往復)を選びます。  の先にある下向きの矢印をクリックすると日付が選べます。

Trainline homescreen 2.JPG

4.希望する日にち、時間を記入します。

 

 学割のカードを購入しない方は、ここで『Get times & tickets』をクリックして(9)の手順に飛んでください。

 

 学割利用の方は、全て記入が終わったら   の先にある下向きの矢印をクリックします。

Trainline homescreen 3.JPG

5.割引カードの種類を選択します。

 

     の先にある『Add railcard』をクリックします。

Trainline homescreen 4.JPG

6.割引カードの種類を選択します。

 

     の先にある下向きの矢印をクリックします。

Trainline homescreen 5.JPG

7.割引カードの種類を選択します。

 

  高校生・大学生向けの学割である『16-25Railcard』を選択します。

Trainline homescreen 7.JPG

8.正しいカード名が表示されているのを確認します。

 

  問題がなければ緑色の『Get times & tickets』をクリックします。

Trainline homescreen 8.JPG

9.希望する時間を値段を見ながら選択できます。

 

  この場合は、片道ずつ買うと£41.90ポンドですが、緑の囲い部分の『Super Off-Peak Return』の方が往復で£43.55と安いのでこちらを選択します。

 

  場合により(特に平日)、時間指定をして片道ずつ買った方が安い場合もあります。これを『Advanceチケット』と言い、チケットにもそのように記載されます。その場合は時間指定をした列車にしか乗れません。乗り過ごすと、座席指定が無くなるだけではなく、乗車券としても使用できませんので注意が必要です。列車会社の都合で列車がキャンセルなどとならない限りは返金もされませんので再度切符を購入することになります。

 

 これに比べ、『Super Off-Peak Return』の方は時間を気にしないで観光したい方には便利です。

 『Super Off-Peak Return』を購入し座席を予約したい方は   の矢印の先にある時間(この場合は06.24。ですがどの時間を選んでも同じ画面に飛びます)をクリックします。その後時間が選べる画面が出ますので、希望する列車の時間を選択します。ただ、ここで予約しても『Super Off-Peak Return』では、乗り過ごしても座席指定がなくなるだけで、空いている席であればどこにでも座っていただけます。

Trainline homescreen 9.JPG

10.座席指定をします。

 

  座席指定をするかどうかを選択します。指定席料金は発生しません。また、週末や平日のピーク時は大変混み合い、特にレスターからですと座席指定がなければ座れないこともありますので座席指定をすることをお勧めします。ロンドンからは始発ですので指定していなくても、先ず座ることが出来ます。

 もしeTicket を希望されるのであれば続けて他の切符は購入できません。(バグかもしれませんが、現時点では出来ないようです)ですので、このまま『Continue』をクリックして支払い画面にお進みください。

 現地で切符を発券する場合でしたら続けて他の切符も購入できます。『Add another journey』をクリックして続けます。

Trainline homescreen 10.JPG

11.切符の発券形態を選択します

 

  一番上のものを選択すると、最寄りの駅で個人で発券機を利用して切符の発券をします。予約時に使用したクレジットカードと予約番号が必要となります。

​ 緑の囲い部分がeTicketで、発券機で並ぶことなくそのまま改札に向かうことが出来ます。携帯でQRコードを表示して改札を通るシステムですが、当日Wifiに繋がらない等の不測の事態も考えられるので、念の為印刷しておいた方が安心です。

 **ご注意:上記の情報は2019年12月の現時点のものですので、皆様のチケットご予約時には変更・改正点があることが予想されます。上記の情報をご利用になっての問題や間違った切符の購入、返金等に関しては弊社では一切責任を取りかねますので、情報は参考までとし、あくまでも自己責任でご予約下さい。