新型コロナの死亡率95%以上!どの国の話ですか?・・・イギリスです!

英国政府が語らない俄かには信じられない調査結果。これが現実です。

 昨日のイギリスの新型コロナ感染による死亡者数は569人。感染が始まってから最も亡くなった方が多かった日ということで、その発表を聞いたイギリス国民の誰もが「一体いつになったらこの負のスパイラスを止めることが出来るのだろう」と絶望的な気持ちになったことと思います。ですが巨大展示会場を利用しての4000人が収容できるナイチンゲール病院設立や、ロックダウン効果で(まだ時期尚早ではあるものの)感染者減少傾向が見えてきたという話もあり、この10日間の外出禁止令の効果が見え始めてきたかと感じられた日でもありました。


 ただ、余り語られていない部分で非常に恐ろしい事実も存在します。


 下記のグラフは、新型コロナ感染者の方が最終的にどうなったかという数値を表しています。数値は2つに分かれており、一つはリカバリーで『治療・療養を終えた(PCR検査などで最終的に陰性、)若しくは2週間程度の健康観察後解除』であり、他方は『死亡』。その中での死亡率が95%以上となっています。


イギリスの新型コロナ感染からの回復率